FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カモミール・ジャーマン 

カモミール・ジャーマンはリンゴのような香りが特徴のアロマオイルです。カモミールにはたくさんの種類があるのですが、その中でもジャーマン種ローマン種が有名です。よくハーブティとして利用されますが、ジャーマン種の方がローマン種より一般的に飲まれているようです。このカモミール・ジャーマンのハーブティは、「ピーターラビット」の中でお母さんウサギがピーターラビットに飲ませる場面があり、そこから日本でも広まったようです。


カモミール・ジャーマンには、カマズレンという成分が多く含まれているため、オイルの色は濃い青色をしています。ジャーマンもローマンも似た効能がありますが、カモミール・ジャーマンは身体のケアに、カモミール・ローマンは心のケアに用いられることが多いです。


<詳細プロフィール>
【精油名】カモミール・ジャーマン(German Chamomile)
【学名】Matricaria chamomilla
【科名】キク科
【産地】ドイツ、フランス、モロッコ、ハンガリー、エジプト
【抽出部位】花
【抽出方法】水蒸気蒸留法
【成分】カマズレン、ビサボロール誘導体、ビサボレン誘導体


アロマオイル一覧へ戻る

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aromaway.blog98.fc2.com/tb.php/52-c62c3ab0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。