スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アロマローションの作り方 

今回はアロマオイルを使ったスキンケアの方法をご紹介します。

爽やかな香りのアロマローションを使えば、毎日の肌のお手入れの時間が優雅なひとときに変わります。
自分の肌に合った効能を持つアロマオイルと好きな香りのアロマオイルを選んで、自分だけのオリジナルローションを作ってみませんか?

【用意するもの】
精製水 50ml
グリセリン 5ml(小さじ1杯) グリセリンには保湿効果があります
アロマオイル(精油) 3滴以下(自分の肌質や好きな香りを選びましょう。それぞれの効果は下記を参照に。)
保存用の容器(スプレーできるタイプだと便利かも)
ビーカー(計量ができれば何でも大丈夫です)

【作り方】
1 グリセリン5ml(小さじ1杯)にアロマオイルを3滴以下加え、よく混ぜ合わせます。
2 精製水50mlを加えて、保存用の容器に移します。※使用する時はよく振ってください。

作り方はとっても簡単なのでぜひ試してみてくださいね。なお、グリセリンが無い場合には、キャリアオイル(ホホバオイルやマカデミアナッツオイルなど)小さじ1杯でも大丈夫です。

【スキンケアにおすすめのアロマオイル(精油)】

普通肌の方
 ゼラニウムネロリフランキンセンスラベンダーローズオットーカモミールローマンなど

敏感肌の方 ネロリラベンダーローズオットーカモミールローマンなど

脂性肌の方 ゼラニウムネロリジュニパーユーカリレモンローズマリーなど

乾燥肌の方 カモミールローマンネロリローズオットーフランキンセンスサンダルウッドローズウッドなど 

ランキング参加中です
 クリックよろしくお願いします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト

体のにおいが気になる人におすすめ! 

今回は体のにおいが気になる人、特に男性におすすめのアロマテラピーをご紹介します。

そもそも、体から出る嫌なにおいの元は何なのでしょうか?

答えは「汗」です。特にわきの下などにあるアポクリン汗腺というところから出る汗が嫌なにおいがしますよね。
これは、汗自体に嫌なにおいがあるのではなくて、汗と皮膚についている細菌が混じることによってあのいや~なにおいを発すると言われています。

では、どうしたらあの嫌なにおいを防げるのでしょうか?

解決方法としては、皮膚の細菌をやっつけてしまえば汗をかいたとしてもにおいを気にしなくて済みます。
常に皮膚を清潔な状態に保つことがとても大切なにおい対策になるのです。

それでは体を清潔に保つおすすめのアロマオイルと方法をご紹介します。

【アロマバス】
使用するアロマオイル
・・ラベンダーサイプレスレモンパルマローザなど。
お風呂に入れる量・・・・・・上記のアロマオイルを1種類なら5滴以下。ブレンドするなら、合計で5滴以下入れる。

おすすめブレンド・・・・・・・ラベンダー3滴+サイプレス2滴 
デオドラント効果と殺菌効果を持つ組み合わせ。サイプレスはヒノキのような香りが特徴で、ひのき風呂を連想させます。体を清潔にし、さらに心をリラックスさせてくれる香りです。

【ボディミスト】
使用するアロマオイル
・・ラベンダーサイプレスレモンパルマローザなど。
作り方・・・・・・・・・・・・・・・・スプレーできる容器に、水(薬局で買える精製水がおすすめ。無い場合はミネラルウォーターで)約30mlとアロマオイルを5~6滴(ブレンドの場合、合計で5~6滴になるように)加えてよく混ぜるだけで完成!

おすすめのブレンド・・・・・レモン3滴+パルマローザ3滴
外出向けにレモンのさわやかな香りとローズによく似た香りのパルマローザがおすすめです。すっきりとしていて、ほんのりと甘い香りに包まれます。

たまには香水ではなく、アロマオイルの自然の香りを身につけてみてはいかがでしょうか?

ランキング参加中です
 クリックよろしくお願いします。
FC2ブログランキング

ハーブの栽培-2- 

前回ハーブの栽培を始めたとご報告しました。今回は途中経過報告です。

やはり家の中に緑があると気分がいいですね。以前からハイドロカルチャーの植物はあったのですが、ハーブは上手に育てたら花が咲く楽しみがあるのがいいですね。

さらに、見るだけでなく香りが楽しめるのも最高です!!

葉っぱを指でそっとなでると、指にハーブの香りがつくんです。それをかいでみるとほっとやすらげます。
アロマオイルのように濃縮した香りではなく、自然のままの香りというのもやっぱりいいですね。

ハーブを育てる楽しみ、見る楽しみ、そして食べる楽しみ!アロマオイルの原料である植物を自分で育てながら、そのアロマオイルを使うというのが理想の形のような気がしてきました。

全ての種類というのは難しいけど、できるだけ色々なハーブを育ててみたいと思います。とりあえずは、食べられるハーブ中心かな(^^)

みなさんもハーブでなくても、何か植物を育ててみることをおすすめします。
あと、ハーブの栽培に詳しい方がいたらアドバイスいただけると嬉しいです。

ランキング参加中です。
よろしかったらクリックお願いします
FC2ブログランキング

ハーブの栽培 

ローズマリーとセージ本日は休日だったので買い物に行きました。以前からハーブを育ててみたいと思っていたんですが、今回思い切って買っちゃいました!

最近、「アロマオイルの説明をしているのに肝心の原料である植物をちゃんと見たことがないなあ。」と思ってこのたびちゃんと栽培してみることにしました。

とりあえず苗から育てるのが簡単みたいなので、近くの大型ホームセンターへ行ってみました。しかし、春さきはたくさんのハーブが置いてたんですけど、今は数種類しか置いていませんでした。

少ない中から選んだのはローズマリーとコモンセージです。ローズマリーは何と言ってもアロマオイルとしても非常にポピュラーなものですから、これは文句なしで決定!

次に選んだコモンセージですが、本当はアロマオイルの原料である
クラリセージという種類が欲しかった。でも、アロマオイルを抽出する
わけではないので、料理にも使えるコモンセージにしときました(^^)

そのほかにはローマンカモミールがあって非常に欲しかったんですが、
苗がかなり弱々しかったのでやめときました。お店の人もっとちゃんと
育ててあげてね~。


一応今回買ったハーブの特徴を説明しておきますね。

【ローズマリー】 精油の【ローズマリー】の解説はこちら
ローズマリーは、アロマオイルでも非常に有名なハーブです。ツンとする
刺激的な香りが特徴で、古くから若返りや記憶力を高めるとして知られて
いました。シェイクスピアの作品の中にも登場するんですよ。

ハーブとしては、肉や魚料理との相性がいいみたいです。お皿に1枝そえる
だけでも食卓を香り高くしてくれます。

ローズマリーを植えるのは春と秋が適しています。葉は1年中いつでも収穫
出来き、1年を通して楽しめます。花は冬から初夏にかけて咲きます。


【コモンセージ】
セージにはいろいろな種類があり、コモンセージ以外にもアロマオイルに使わ
れるクラリセージやパープルセージ、チェリーセージなどがあります。

一般的に料理に使われるのはコモンセージのようです。コモンセージはすが
すがしく強い香りがします。肉や魚の臭み消しと風味づけに欠かせないハーブ
です。

また、古くから万病に効くハーブとして知られており、ハーブティーをよく飲まれ
ています。

コモンセージを植えるのは春と秋が適しています。葉は年間を通して収穫が出
来ます。花は5~6月に咲きます。 

よろしかったらクリックお願いします
FC2ブログランキング

風邪のひきはじめには温湿布を! 

気づけばあっという間に9月も半ばを過ぎました。ほんとに時が経つのは年々早くなっていく気がします・・・。

さて、今回は今の時期のような季節の変わり目にひきやすい風邪の対処法をご紹介します。

私はよく風邪をひいた時は、布団をいっぱいかぶって汗をたくさんかくようにしています。一晩寝ると自然に熱が下がっていることが多いものです。病院に行くのは嫌いですし、薬が家に無い時はこの方法で乗り切ってきました。
さすがに布団をいっぱいかぶって汗をかいてくださいではお話にならないので、汗をかく方法として温湿布と、さらに風邪に効果的なアロマオイルをご紹介したいと思います。
温湿布で汗をかいて、熱を下げる
まず温湿布についてですが、これは以前にもご紹介しているとおり(「温湿布で癒されましょう」)、熱めのお湯にアロマオイルを1~2滴垂らし、そこにタオルを入れてよく絞ります。この時やけどしないようにゴム手袋をするといいかもしれません。

次にタオルを後頭部の下部("ぼんのくぼ"と呼ぶそうです)にあてます。すると体が熱くなって汗がでてきます。十分に汗をかいたら後はゆっくり寝ましょう。次の日にはかなり楽になっていると思います。

それでは、風邪のひきはじめにおすすめのアロマオイルをご紹介します。

【レシピ1】
    
ティートリー2滴+ユーカリ1滴+ラベンダー1滴

ティートリー、ユーカリ、ラベンダーはいずれも殺菌や抗ウイルス作用に優れいるので、風邪には最適なアロマオイルです。すがすがしい中にラベンダーの優しい香りがしますので、鼻からも風邪を退治してくれるでしょう。


【レシピ2】

    
ティートリー2滴+ラベンダー1滴+スイートマージョラム1滴

スイートマージョラムは血行を良くし体を温めてくれます。ティートリーやユーカリの香りが苦手な人はこちらがおすすめ。ラベンダー、スイートマージョラムは共に安眠のアロマオイルとして有名なので、そのままぐっすり寝てしまうかも♪


風邪で熱っぽいなあ~、と感じた時はひどくなる前に温湿布をしておもいっきり汗をかいてからぐっすり寝ましょう。

よろしかったらクリックお願いします
FC2ブログランキング

ねこの親子-2- 

みんなでお昼寝中
以前紹介した野良ねこ親子の近況報告です。

左の写真はみんなで寄り添ってすやすや寝ているところです。

みんな体をいっぱいに伸ばして思いっきり爆睡してました(笑)
お母さん
これがお母さんです。凛としてて、いかにも子供を守るつよいお母さん
って感じです。
お姉ちゃん?
こちらは子供の1匹です。性別はわかりませんが、何となくお姉ちゃん
ということにしてます。
何みてるんだろ?
お姉ちゃんが何やら下をじーっと見ていました。獲物でも見つけた
のかな?と思っていたら・・
弟がいたずら
何と、下から弟君(こちらも何となく弟ということで^^)がお姉ちゃんの
尻尾をねこパンチしてるではありませんか!

お姉ちゃんは嫌がりもせず、尻尾をブンブン振って弟君の相手をしていました。
仲のいいの良い兄弟みたいです。
激しくいたずら
だんだんエスカレートしてきました・・・。

ついにねこパンチだけでなく、噛み付きまで。とっても激しいです。

今度はおもちゃでも持っていって一緒に遊んでみようかと思っています。
たぶんすぐ逃げられるだろうけど・・・。

↓よろしかったらクリックお願いします
FC2ブログランキング

パルマローザ 

パルマローザはインド原産のイネに似た植物で、ローズやゼラニウムのような甘い香りが特徴です。この香りの特徴から、「インディアンゼラニウム」とも呼ばれています。
ローズに似た甘い香りは特に女性に人気があり、価格も手頃なことからローズの代わりに使用されることが多いようです。

パルマローザは育った土地によって香りが異なり、セイシェル諸島のものはソフトな香りで、ジャワ産のものはフルーティな香りが特徴です。

近年ではスキンケアの材料として人気が高く、せっけんや化粧品、香水の基材としても盛んに使われています。

アロマテラピーとしては、甘い香りが不安定な心を落ち着かせ、気持ちを明るくしてくれます。

【パルマローザはこんな人におすすめ】
・落ち込んで元気の出ない人 

<詳細プロフィール>
【精油名】パルマローザ(Palmarosa)
【学名】Cymbopogon martini 
【科名】イネ科
【原産地】インド、コモロ諸島、マダガスカル、セイシェル諸島、ジャワ島 
【抽出部位】葉
【抽出方法】水蒸気蒸留法
【成分】ゲラニオール、リナロールなど

【アロマオイル一覧へ戻る】

↓よろしかったらクリックお願いします
FC2ブログランキング

【パルマローザ 3ml】 生活の木【パルマローザ 3ml】 生活の木

アロマテラピー検定 

11月4日は第17回のアロマテラピー検定が行なわれます。

ほんとうであれば、前回の5月の試験を受験をするはずだったのですが、諸所の事情(単純に申し込みに間に合わなかっただけですが・・・)により受けられなかったので、今度こそはきっちりと受験して合格したいと思っています。

そんなわけで、最近は検定試験に向けた勉強を続けているところです。試験で最も重要な精油(アロマオイル)についての知識は、このブログでずっと書き続けてきた成果としてかなり理解してきました。継続することはすごく力になるんだなあ、と実感しました。

精油はまあなんとかなると思うんですが、最も苦手なのはアロマテラピーの歴史に関してですね。何が一番苦手かというと、歴史上の人物の名前です。

とにかくカタカナが多くて覚えにくい!

高校の頃も世界史はカタカナの名前が多くて苦手でしたけど、ここにきてまた苦しめられています・・・。
特に古代ギリシア、ローマ時代の方々のなんと覚えにくいことか。

ヒポクラテス、ディオスコリデス、プリニウス・・・、名前と業績が一致しません(泣)

年々記憶力が低下しているので、単純な暗記が一番きついですね。
泣き言を言っても仕方ないので、今日もローズマリーを香らせながら勉強がんばります。

↓よろしかったらクリックお願いします
FC2ブログランキング


憂鬱な気分から抜け出そう! 

今回は最近非常に多くなっている憂鬱な状態「プチうつ」から抜け出すアロマオイルをご紹介します。

職場や家庭内でたまったストレスをそのままにしておくと、いつの間にかどんどんやる気が出なくなり、ついには本当の「うつ」になってしまう恐れがあります。
そんな状態を抜け出すためには、心身ともにリラックスできる雰囲気を作り、たまったストレスを発散することです。

それでは「プチうつ」におすすめのアロマオイルとその楽しみ方をご紹介します。


【芳香浴】

おすすめのアロマオイル・・・・・ベルガモット 5滴  

おすすめポイント・・・・・ベルガモットは「自然から得られる抗うつ剤」と呼ばれています。ストレスがたまった時には、ベルガモットのすがすがしい香りがピッタリです。

おすすめのブレンド・・・・ベルガモットは単独でもとても効果的ですが、さらに自分の好きな香りとブレンドするとより効果up!が期待できます。私のおすすめとしては、ラベンダーローズウッドゼラニウムです。ローズウッドとゼラニウムは甘い香りがプラスされるので癒し感が高いと思います。ぜひ試してみてください♪



【アロマバス】
おすすめのアロマオイル
・・・・・・ベルガモット2滴
                     ローズウッド2滴
                     フランキンセンス1滴
                    ※アロマバスで使うアロマオイルは合計で5滴以下になるようにして下さい。

おすすめポイント・・・・・・芳香浴でも紹介しましたが、ベルガモットとローズウッドは相性の良いブレンドなので気持ちちを明るくしたい時におすすめです。さらに、香りが長続きするフランキンセンスを加えてあげると、香りが長持ちし、さらに香りに深みが出てよりリラックスできると思います。

レモングラス 

レモングラスはその名の通りレモンに似た香りが特徴のイネ科の植物です。

インドでは何と数千年前から「チューマナ・ブールー」と呼ばれて使われてきた植物で、熱を下げ感染症を治すと信じられてきました。また、インドのお隣の国ブータンでは、竜神がくわえている神聖な植物としてインド同様に風邪や感染症に用いられてきたようです。

レモングラスは薬としてだけではなく、料理にも盛んに使われています。有名なところでは、タイのトムヤムクンやインドのカレーの風味付けとして使われています。

アロマオイルとしてのレモングラスは、リフレッシュしたい時や筋肉痛へのマッサージなどがおすすめです。また、虫が嫌う香りなので、虫除けとして網戸にスプレーしたり、ペットのノミ除けや消臭にもおすすめです。

【レモングラスはこんな人におすすめ】
・リフレッシュしたい人
・ペットの匂いが気になる人

<詳細プロフィール>
【精油名】レモングラス(Lemongrass)
【学名】Cymbopogpn Citratus 
【科名】イネ科
【抽出部位】葉
【抽出方法】水蒸気蒸留法
【成分】シトラール、ゲラニオール、リモネンなど

【アロマオイル一覧へ戻る】

↓よろしかったらクリックお願いします
FC2ブログランキング

手作りアロマポット完成 

以前紹介した手作りのアロマポットがとうとう完成しました!

しばらく乾燥させてたんですけど、忙しくてなかなか焼き上げる時間がありませんでした・・・。しかし、ようやく焼き上げました!!

出来ばえは・・・、まあ、初めてなので良しとします。だんだんと上手くなっていくと信じて、ヒマをみつけながらコツコツ作っていこうと思います。

形は悪いけど、自分で作ったアロマポットで芳香浴すると気持ち良さ倍増ですね。かなり自己満足です♪

次はもっと素敵なデザインのアロマポットを作りたいと思います。

<おまけ>
今回のブレンドレシピです。

ローズウッド3
フランキンセンス3滴
ゼラニウム3滴

ほのかに甘くおだやかな香りです。気持ちを落ち着けてリラックスしたい時におすすめです♪

よろしかったらクリックお願いします
FC2ブログランキング

アロママッサージの方法-2- 

今回はアロママッサージに使用するマッサージオイルのブレンドをご紹介します。

アロマオイル(エッセンシャルオイル)は直接肌につけることはできません(炎症などを引き起こす可能性があるため)。そのため、マッサージなどでアロマオイルを使うときは、必ずキャリアオイル(ベースオイルとも呼ばれます)で希釈(薄める)しましょう。

日本アロマ環境協会では、マッサージオイルの希釈濃度は1%以下を目安にするとしています。ここで言う希釈濃度とは、キャリアオイルに対してアロマオイルが何%入っているかを示すものです。

ちなみに、アロマオイルの1滴は0.05ml(ドロッパーのついてるものの場合です)なので、マッサージに使うオイルの量に対して必要なアロマオイルの量は以下の表のようになります。
キャリアオイルの量10ml20ml30ml50ml
0.5%の希釈1滴2滴3滴5滴
1%の希釈2滴4滴6滴10滴

いよいよブレンドについてですが、使用するアロマオイルは自分の好きな香りにしましょう。アロママッサージで大切なのは、気持ちのよい香りでリラックスすることです。なので、あまりアロマオイルの効能などを気にしなくても大丈夫です。慣れてきたら徐々に効能についても考えていくようにするといいと思います。

次にベースとなるキャリアオイルですが、これは自分の肌質に合ったものを選ぶのがいいと思います。初めてのブレンドなら、スイートアーモンドオイルホホバオイルが扱いやすく価格もお手頃なのでおすすめです。

アロマオイル(エッセンシャルオイル)とキャリアオイルが決まったら、先ほどの表を参考にブレンドをしてみましょう。



【ブレンドレシピ】     リラックスブレンド30ml

(1)ビーカーなどにキャリアオイル(ここではスイートアーモンドオイル)を30ml入れる。
(2)ラベンダー2滴、クラリセージ2滴、ベルガモット2滴を加える。
(3)よくかき混ぜて、遮光ビンに入れる。※ラベルなどに作った日付やレシピを書いておくと便利です。
(4)完成!!※マッサージオイルは冷暗所で保管し、2週間から1ヶ月程度で使いきるようにしましょう。


どうですか、結構長く説明した割にはあっという間ですよね。要はお気に入りのアロマオイルとキャリアオイルを1%になるようにブレンドするだけ。とっても簡単です。

後はオイルを手によくなじませ、マッサージした部分(腕や脚、おなかなど)をなでるようにマッサージするだけです。マッサージの具体的な方法についても次回以降説明したいと思います。

よろしかったらクリックお願いします
FC2ブログランキング

キャリアオイルのプロフィール-1- 

アロママッサージで使うマッサージオイルは、アロマオイル(エッセンシャルオイル)とキャリアオイルをブレンドして作ります。

キャリアオイルは植物から抽出した植物オイルで、直接肌につけることができないアロマオイルを薄め(これを希釈と言います)て皮膚への刺激を無くすのと同時に、アロマオイルが体に深く浸透するのを助けてくれる重要な働きがあります。名前の「キャリア」には「運ぶ」という意味があり、アロマオイルを体の奥に運ぶことから名づけられました。

ここでは、よく使われるキャリアオイルを中心にご紹介したいと思います。 

スイートアーモンドオイル

アロママッサージでは最もポピュラーなオイルです。なめらかですべりがよく肌にもよくなじむので、全身マッサージによく使われます。
しっとりした感触が残るので、乾燥肌の方に向いています。
スイートアーモンドオイル
ホホバオイル

古くからネイティブインディアンが大切に使い続けているオイルで、現地では「金の液体」と呼ばれています。
フェイスケアやヘアケアによく使われます。人の皮脂によく似た成分構造のため、肌に浸透しやすい特徴を持っています。
どんな肌の方にも向いています。
ホホバオイル
 マカデミアナッツオイル

マカデミアナッツは「ナッツの女王」としても有名です。パルミトレイン酸という人の皮脂と共通する成分を非常にたくさん含んでいます。そのため、加齢による成熟肌の方に向いています。
このオイルは酸化変質しにくいので、1年ほどの保存が可能なのも魅力です。
マカデミアナッツオイル
 ローズヒップオイル

以前ブームになった美容オイルとして知っている方も多いと思います。リノール酸を豊富に含んでおり、美肌のオイルとして非常に注目されています。
実を乾燥させたハーブティーと併用するとより効果的です。
ローズヒップオイル


今回は4種類ご紹介しましたが、他のキャリアオイルについても今後ご紹介していきたいと思います。

よろしかったらクリックお願いします
FC2ブログランキング




ネコの親子 

最近家の近くにネコの親子がよく来るようになりました。


子ネコが3匹、お母さんネコの後ろをちょこちょことついて歩く姿はとてもかわいいですね。見てるだけで癒されます。


この日は親子そろってお昼寝しているところをみかけたので、写真をとってみました。


一枚目は結構遠くから撮ったのでちょっとわかりずらいかもしれませんね。

左側の頭が見えているのがお母さんネコです。子ネコたちはお母さんにぴったりとくっついてすやすや寝ていました。







070904_1605~0002.jpg今度は少し近づいて撮ろうと思ったんですけど、さすがに野良ネコは警戒感がつよく、すぐにお母さんが起きてしまいました。 (起こしてゴメンね)


我が子を守らなきゃいけないお母さんネコは気の休まる時が無いのかもしれませんね。


今後はあまり近づいて気をつかわせないために遠くから見守ってみたいと思います。


よろしかったらクリックお願いします
FC2ブログランキング 



アロママッサージの方法-1- 

アロママッサージは、アロマオイル(エッセンシャルオイル)とキャリアオイル(アロマオイルは直接肌につけられないので、それを薄める植物油のこと)を使って、肌からその有効成分を取りいれるアロマテラピーの代表的な方法です。また、肌からと同時に鼻からも有効成分を取り入れるので、非常に高い効果が期待できます。

アロママッサージで大切なことは、自分のお気に入りの香りを使いリラックスした気分で行なうことです。お風呂上りで体が温まった後に行なえば、血流がよくなり冷え症やむくみの改善が期待できます。

基本的なマッサージの方法

(1)さする(エフルラージュ)
  手のひら使い、優しくなでるようにしてさすります。手のひらを肌に密着させるのがポイントです。これは、
  筋肉の緊張をとり、リンパの流れを良くして新陳代謝を活性化させる効果があります。その他、リラクゼー  
  ション効果もあります。

(2)もむ(ペトリサージュ)
  手のひらや指を使って筋肉をもみほぐします。強くしすぎると逆効果なので、自分が気持ちいいくらいの力
  加減で行ないましょう。

(3)強くさする(フリクション)
  こちらは、(1)よりも力を入れてさするのがポイントです。力を入れるので、刺激が皮膚の深いところまで
  届きます。さするスピードや強さを変えて行なうとより効果的です。老廃物を流し、内蔵機能を高めます。

(4)たたく(タポートマン)
  両手の力を抜いて、小指の下の腹の部分で軽くたたきます。トントンとリズミカルに叩きましょう。これは、
  筋肉の働きを活性化させ、毛細血管を刺激します。そのため、血行がよくなり、体を温めます。

(5)押す(プレッション)
  ツボの刺激です。マッサージと同時にツボを刺激するとより高い効果が得られます。ゆっくりと力を強めな
  がら3~5秒ほど押し、またゆっくりと力を抜いていきます。これは3回ほど繰り返すといいです。


今回はマッサージの基本的なことのみをご説明しました。次回以降よりくわしいアロママッサージの方法を説明したいと思います。ちなみに、次回はアロママッサージに使うアロマオイルとキャリアオイルのブレンド方法を説明する予定です。お楽しみに。

よろしかったらクリックお願いします
FC2ブログランキング

ティートリー 

ティートリー

ティートリーはオーストラリア原産の常緑樹から抽出されるアロマオイルです。ティートリーという名前がありますが、これはオーストラリアの原住民アボリジニがこの木の葉をお茶のようにして飲んでいたことから名づけられました。殺菌消毒作用に優れており、アボリジニにとっての貴重な薬として利用されていました。

第2次世界大戦中は、その優れた殺菌作用を利用して熱帯地方に派遣される軍隊の救急薬として使用されるほどでした。その後、抗生物質などの登場でティートリーの需要は徐々に減りましたが、最近になって再び水虫などの真菌感染への治癒効果が見直されて科学的に研究されるようになっています。

ティートリーは殺菌作用に優れていますので、ルームスプレー(「ルームスプレーで室内を快適に」も参考にしてください)としての利用がおすすめです。ティートリーの他にユーカリ、グレープフルーツなどを精製水に混ぜると、清潔感のあるすがすがしい香りで部屋の中を清潔に保ってくれます。また、ユーカリも殺菌作用が強いので、風邪の予防などにも大活躍してくれます。

アロマオイルとしての用途が非常に多いティートリーは、ラベンダーと同じくらい利用範囲が広く、1本もっていると非常に便利です。


【ティートリーはこんな人におすすめ】

・気持ち落ち着けたい人
・ストレスなどで頭痛のある人
・風邪をひきやすい人

<詳細プロフィール>
【精油名】ティートリー(Tea Tree)
【学名】Melaleuca alternifolia
【科名】フトモモ科
【産地】オーストラリア、ジンバブエ
【抽出部位】葉
【抽出方法】水蒸気蒸留法
【成分】テルピネン-4-オール、γ-テルピネン、1.8-シネオール

アロマオイル一覧へ戻る

よろしかったらクリックお願いします
FC2ブログランキング

簡単!アロマキャンドルでリラックス 

現在いろいろな雑貨屋さんなどで、ほんとにたくさんのアロマキャンドルが売られていますよね。でも、中には人工の香料を使って香りづけしているものも多いようです。一方、本物のアロマオイル(エッセンシャルオイル)を使っているキャンドルはとても高価でもあります。

できればなるべく安くかつ本物のアロマオイル(エッセンシャルオイル)で作ったものを使用したいですよね。

そんな時におすすめなのが手作りアロマキャンドルです。とは言ってもキャンドルから手作りするとなると結構大変ですよね。私も手作りするのは好きな方ですが、なかなか作るだけの余裕が持てません・・・。

そんな時間に余裕が無く、でも本物のアロマオイルを使ったアロマキャンドルで癒されたい!という方は、市販のキャンドルとお気に入りの香りのアロマオイルを用意しましょう。

キャンドルはできるだけ太いものを用意するといいと思います。できれば蜜ろう(ハチミツから作られるろうそく)のキャンドルだと、アロマオイルとの相性も良いのでおすすめです。

070902_0151~0001.jpgさて、キャンドルとアロマオイルを用意できたら、いよいよアロマキャンドルを作ります。といっても、後は非常に簡単。まずキャンドルに火をつけ、数分間そのままにしておきます。

次第に上の部分のろうが溶けてきますので、そうなったら一度火を消します。そして、溶けたろうの部分にアロマオイルを数滴垂らします。再びキャンドルに火をつけると、炎とともにアロマオイルの素敵な香りが漂ってきます。

この時、ろうそくの芯を短くしておくと火が大きくなりすぎないので、香りが長続きします。アロマキャンドルを始める前にあらかじめ短くしておくといいと思います。

ちなみに私が今回使用したアロマオイル(エッセンシャルオイル)はサンダルウッドです。サンダルウッドには、気持ちを鎮めリラックスさせてくれる働きがあるので、夜にキャンドルの灯りとその香りをかぐとより一層心が癒されます。

また、サンダルウッドはベースノート(ノートについては、「香りの持続時間を考えたブレンド」で説明しています)という香りが長続きするオイルなので、アロマキャンドルには最適だと思います。後は、これにもう1種類ほど好きな香りをブレンドするとますますリラックスできること間違いなしです!私はレモンをブレンドしてみました。さわやかな香りでリフレッシュできますよ。

みなさんも是非試してみてくださいね~♪

よろしかったらクリックお願いします
FC2ブログランキング

美肌におすすめ!月桃オイル 

月桃ゲットウ)は亜熱帯地域に群生する植物で、沖縄の特産となっています。沖縄では山野に自生し、どの家にも1本は植えられているほどポピュラーな植物です。
その香りは、ほのかに森を感じるさわやかさが特徴です。その香りには虫除けの効果があり、虫除けの原料としてよく使われていました。

しかし、最近最も注目されているのは、その美肌効果!!月桃の里「今帰仁村(なきじんむら)」には絶世の美女の伝説が残っており、美人が多い地として有名です。
実際、月桃は保湿力や引き締め力が高いので、しとっりとなめらかで透き通る肌を作る大人気となり、様々な化粧品として使われています。

こちらにおすすめの月桃製品をラインナップしました。ぜひ月桃スキンケアで透き通る美しい肌を手に入れてください。

【生活の木】月桃スターターセット
【生活の木】月桃スターターセット
3,150円(税込)

月桃フェイスソープ40g・生活の木
月桃フェイスソープ40g・生活の木
1,260円(税込)
月桃フェイスクレイパック60g・生活の木
月桃フェイスクレイパック60g・生活の木
2,625円(税込)
【生活の木】月桃・フェイスエッセンス30ml
【生活の木】月桃・フェイスエッセンス30ml
4,200円(税込)
月桃フェイスクリーム60g・生活の木
月桃フェイスクリーム60g・生活の木
3,675円(税込)
月桃フェイスミルク120ml・生活の木
月桃フェイスミルク120ml・生活の木
2,940円(税込)
月桃フェイスローション120ml・生活の木
月桃フェイスローション120ml・生活の木
2,940円(税込)
【フローラルウォーター 月桃(ゲットウ) 100ml】 生活の木
【フローラルウォーター月桃(ゲットウ)100ml】生活の木
1,365円(税込)
【月桃(ゲットウ) 1ml】 生活の木
【月桃(ゲットウ)アロマオイル 1ml】 生活の木
2,310円(税込)

肩こりにおすすめのアロマテラピー 

仕事でよくパソコンを使う。最近そんな人達に肩こりのひどさを訴える人が多いみたいですね。
目を酷使すると神経系の疲れから肩がこってしまうみたいですね。その他にも、体に負担がかかる仕事をしていたり、不自然な姿勢をとり続けることでも肩がこってしまうこともあります。

こんな時におすすめのアロマテラピーは、温湿布です。

比較的症状が軽い人なら温湿布してゆっくり休養すれば、2~3日でだいぶ肩が楽になります。一方、症状が慢性的な人の場合は、温湿布と軽い運動やストレッチを続けることで肩こりの緩和がはかれます。

それでは、具体的な方法をご説明します。
まず、肩こりにおすすめのアロマオイル(エッセンシャルオイル)をご紹介します。

おすすめのアロマオイル
ジュニパーローズマリースイート・マージョラムラベンダー

これらが、筋肉を温めて血行をよくしてくれます。

次に温湿布の方法です。これについては、以前に説明したことあるのでそちらも参考にしてください。【温湿布で癒されましょう

温湿布の方法
①洗面器に熱めのお湯をはり、その中に精油を3滴ほど入れます。

②そこにタオルや布を浸し、お湯から取り出して絞ります。

③熱いうちに湿布する箇所に当てます。(湿布の上からラップをのせ、さらに別のタオルをのせることで温度を下がりにくくすることができます)


この温湿布と軽い運動を適度に続ければ、悩ましい肩こりともサヨナラできるはず。ぜひ試してみてくださいね。
ちなみに、私はかなりの頻度で温湿布をしています。肩こり以外にも腰痛にもおすすめです♪


よろしかったらクリックお願いします
FC2ブログランキング

シトロネラ 

シトロネラシトロネラはスリランカ原産のイネ科の多年草から抽出されるアロマオイルエッセンシャルオイル)です。

シトロネラは、軽い甘さのあるレモンに似たフレッシュな香りが特徴です。この香りには虫除けの効果があるため、昔から虫除けキャンドルや薬草を蚊帳(かや)に編みこむなど、虫除けとして広く使われていました。

虫除け以外にも、香水や基礎化粧品、洗剤など多くの製品にも使われている大変有用な植物です。

シトロネラはこんな人におすすめ】
・疲れがたまり、リフレッシュしたい人
気持ちを明るくしたい人 

<詳細プロフィール>
精油名】シトロネラ(Citronella)
【学名】Cymbopogon nardus 
【科名】イネ科
【産地】中国、スリランカ
【抽出部位】全草
【抽出方法】水蒸気蒸留法
【成分】ゲラニオール、ボルネオール、シトロネロール、シトラール、リモネン

※皮膚に刺激を与える場合があるので、肌への使用は注意してください。

アロマオイル一覧へ戻る

よろしかったらクリックお願いします
FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。